保育の道を踏みしめながら保育の道を踏みしめながら

何ができたら“保育のプロ”って言えるんだろう?
そもそも“いい保育ってなんだろう?

なかよし保育園なら、そんなむずかしい問いに、ひとつの答えを見つけられるかもしれません。

なかよし保育園が育むのは、子どもたちの“がんばる”を楽しむ姿勢。
園には、そんな姿勢を自然と引き出す“名人”のような先生もいます。

保育士 イメージ
保育士 イメージ

もちろん、すぐにそんな保育ができる人なんていません。
先輩の真似をして、先輩に教えてもらって、一歩ずつ一人前になっていってください。
時間がかかってもいい。
私たちはあなたに付き合います。
これから保育士としての道を歩み始めるあなたに、
「自分は“保育のプロ”なんだ」という自信を手に入れてほしいから。
しっかりと保育の道を、踏みしめていきましょう。

保育士 イメージ

なかよし保育園が考える保育のかたち

なかよし保育園では子どもたち一人一人が、興味と好奇心を持って一生けんめいになれる保育をおこなっています。
子どもたちが、夢中になって
「がんばるって楽しいことなんだ」
そう感じてもらえるように、保育の中にたくさんの工夫をこめています。

なかよし保育園 イメージ

なかよし保育園の先輩たち

なかよし保育園には、今のあなたと同じように、理想と期待、そして、たくさんの不安を抱えながら飛び込んできた先生がたくさんいます。
いっぱい悩んで、いっぱい助けられて、やっと“保育のプロ”って胸を張れるようになったから、
「今度は自分が助ける番」。

そんな想いと経験のバトンをつなぐことが、なかよし保育園の伝統です。

なかよし保育園 イメージ
齋藤 幸枝 イメージ

齋藤 幸枝先生花の木園 園長

保育歴25年“合言葉は笑顔!”

齋藤 幸枝 イメージ

基本はやってみてほしいっていうか失敗してみてもいいから自分が思ったことをやってほしいなっていうのはあります。
楽しければ子どもも楽しいんだよっていうのを伝えるようにはしています。

インタビュー動画を見る
増子 美穂 イメージ

増子 美穂先生ふじみ野園 主任

保育歴12年“認める・褒める・励ます!”

増子 美穂 イメージ

ちょっと力を抜いて子どもたちと接したりしてると、子どもたちが柔らかくなって、クラスがまとまるから。他の人の目とかは気にしないで子どもたちだけ見て、一緒になって楽しんでやってみたら良いかなって思います。

インタビュー動画を見る
大橋 未緒 イメージ

大橋 未緒先生ふじみ野園

保育歴10年“自信を持たせる”

大橋 未緒 イメージ

先輩の先生方に色々アドバイスをもらいつつ良い所は褒めてもらってたんですね。そのうち、自分が楽しめば、子ども達も楽しんでついてきてくれるって分かってそこからまず自分が楽しもうっていう気持ちを常に持つようにしました。

インタビュー動画を見る
山口 麻由 イメージ

山口 麻由先生ふじみ野園

保育歴3年“いっぱい運動して元気な身体に!”

山口 麻由 イメージ

いっぱい運動できるのはやっぱ良いなって思います。できないことができるようになったっていうのはすごい達成感だし、できた時の子どもの表情をみたときにすーごい嬉しそうで。

インタビュー動画を見る
石川 侑希 イメージ

石川 侑希先生花の木園

保育歴3年“コミュニケーションをしっかり!”

石川 侑希 イメージ

先輩たちも「わからなかったらすぐに聞いていいんだよ」っていう感じなので聞きやすくて。不安なときは先輩たちのことばをもらって自分で考えて、その道に行くっていう。

インタビュー動画を見る

なかよし保育園流 保育のだいごみ

なかよし保育園 イメージ

ふれあいとスキンシップで
乳児さんとの信頼づくり

赤ちゃんの笑顔を見ると、先生たちも笑顔になりますね。
この何気ない笑顔、言葉、スキンシップこそ、特に乳児期に必要とされる保育です。

赤ちゃんと先生のこころの交流が、安心感、信頼感を育てます。
だから、赤ちゃんには思う存分甘えさせてあげてください。

なかよし保育園 イメージ

あなたの優しい声かけ、抱きしめた時の感触から、赤ちゃんは一体感を覚えます。
それこそが専門家である保育士の仕事でもあります。

なかよし保育園 イメージ

たくましい
身体と心を育てる

朝一番、毎日たのしく元気な運動活動。 子どもたちそれぞれの目標に向かって 楽しく頑張れるように保育士が見守ります。
かけっこが遅くたっていつも全力で走る子どもの姿を見ると ほんとうに感動です。 みんな目標を達成し次の目標に向かっていく、 それが「楽しい」と思うようになっていきます。
子どもたちのたくましい 意欲、自信が育っていく、 そんな姿を目の当たりにすることも やりがいのひとつです。

なかよし保育園 イメージ

感性をやしなう

「見る、聞く、話す、心に感じる」 ことの楽しさを知ってもらうための活動です。
このような活動をとおして、 一番大事なのは「先生も子どもと一緒に楽しむ!」ことです。
無理やりではなく、 一緒に楽しんでいるうちに 子どもたちはしぜんと五感を育んでいきます。
まだ言葉もしゃべれないころに入園した子どもたちが、 5年後、年長さんにもなると大人もびっくりするような 表現力を身につけて巣立っていきます。
そんな彼らの姿をみると、 保育士として自分自身のやりがいと 成長を感じられます。

なかよし保育園 イメージ

なかよし保育園と数字

Playground Hall

55年以上の歴史を持つ地域に根ざしたふじみ野園と、2018年に新たにオープンした花の木園、2つの園を運営しています。
ふじみ野園は、東武東上線上福岡駅東口から徒歩3分。
花の木園は、1200m2の広い芝生の園庭が特徴で、のびのびとした空間で保育に取り組むことができます。
園舎の床・壁は、ひのきや秋田杉を使っています。やさしい香りが漂う空間は、子どもたちに自然の豊かさを教えてくれます。

なかよし保育園 イメージ

働く先生の平均年齢は34歳。
20代の先生が5割で、活気のある職場です。
4割の先生が新卒で入っています。
慣れるまでは緊張するかもしれませんが、“保育のプロ”としてのだいごみを感じられるにつれて、充実感は増していくと思います。

働き方・待遇をみる

なかよし保育園の見学会

なかよし保育園に興味をもってくださったらぜひ、お気軽に園の見学にいらしてください。
もちろん、ご友人といっしょにお越しいただいても構いません。ここでは伝えきれない保育の様子を、あなたの目でしっかり確かめてください。

お申込みは申込みフォームからお願いいたします。
見学時に面談もご希望される場合は、その旨もご記入ください。

また、見学をされる前に気になることや、聞きたいことがある方のために、お問い合わせ・質問フォームもご用意しました。
どんな些細なことでも構いませんのでご質問をいただけたらと思います。

みなさんからのご連絡をお待ちしています。

なかよし保育園 イメージ